子どもが食べると危険な食品安全な食品

140414_子どもが食べる危険な食品と安全な食品

子どもが食べる危険な食品と安全な食品

内容紹介

子ども向けに発売されている商品の危険性・安全性を添加物の観点から検証し、子供が食べても安心な食品を選べます!スーパーやコンビニで売られているお菓子や加工食品には、さまざまな原材料が使われています。その中でも注意しなければいけないのが添加物です。
添加物を体内に取り込むとことによって、さまざまな悪影響が出るといわれており、代表的なものでは「発ガン性」「催奇形性」「遺伝毒性」などが挙げられます。
もちろん、厚生省によって認可された添加物の使用に限られてはいますが、厚生省お墨付きの添加物が原因と考えられる症状も発症しており、体内に取り込まないにほうがいいことはハッキリしています。
とりわけ、子ども達にとっては、これから何十年と食べ続ける食品であることを考えると、少しでも安全性の高い食品を親が選んで与えることが重要になってきます。
普段スーパーやコンビニでパッケージされた食品を購入する際に、原材料にまで気をつけて購入するのは、消費者には難しいのではないでしょうか。
子供がいる家庭の主婦であれば、子供に食べさせる食品が心配です。
今回、子供が口にする商品に特化して、子供が食べても安心な食品と子供に食べさせたくない食品に分類し、主婦が安心して食品を選べる雑誌を目指します!
そこで、本誌では子ども向けに発売されている商品の危険性・安全性を添加物の観点から検証し、解説していきます。
また、子どもの身近な問題である「虫歯」や「アレルギー」など、原材料を元にランキングで分かりやすく紹介していきます。

2014年4月14日 海王社より発売